♂猫だいず2度目のキャンプも秋葉神社前キャンプ場 2014.05

お父ちゃん
だいちゃん♪ 覚えてるか?

♂猫だいず
キャンプも2回目やから慣れたもんやったよ😸

【Youtube】♂猫だいずの2度目のキャンプ

♂猫だいずのキャンプデビューに続けて2度目のキャンプです。
場所は前回と同じ秋葉神社前キャンプ場。
2014年5月16日、天気予報を信じて出発しました。

猫連れキャンプも2度目なので、だいずも楽しんでくれるものと思ってましたが・・・

キャンプ猫だいずの活躍をお楽しみくださいヽ(^。^)ノ


♂猫だいずを抱いて河原で佇むお母ちゃんは満足げでしたよヽ(^。^)ノ


♂猫だいずの2度目のキャンプも♀猫こむぎは留守番させました。

すっかり家猫となってしまった先住猫こむぎです。
車に乗せてもキャリーバックから一歩も出ません。
公園に連れて行っても餌はおろか水さえ飲んでくれませんでした。
こむぎをキャンプに連れて行くことは諦めていました😅

当時はお兄ちゃんが同居してたので、安心して出かけられました。


そんな家猫こむぎと一緒にキャンプに行ける日が来るなんて、この時は想像もできませんでした。
そんな♀猫こむぎとのキャンプ話は後日にヽ(^。^)ノ

キャンプ帰りは恒例のシャンプー

気持ちよさそうに風呂に入ったり、おとなしくシャワーしてる猫ちゃんの動画を見かけますが・・・
だいずは怒り暴れます(*T^T)


キャンプから帰った後には恒例の猫シャンプー(^▽^笑)
河原で水に濡れるのは平気なのに、シャンプー嫌いな♂猫だいずです。
日に日に、シャワーを嫌うようになりました。

幼いころはおとなしくシャワーさせてくれたんですよ。
去勢してから、性格や行動が少し変わったように思えます。
臆病に、そして、慎重になったように感じるのですが😅


猫の祖先は砂漠地方で生活していたそうです。
夜昼の寒暖差が大きな砂漠で水に濡れるのは命取り、元来、猫は水を嫌う遺伝子を持ってるようです。

猫にシャワーは必要ないのでしょうが、草むらに入ってるのでノミやダニが心配です。
キャンプ前ノミ・ダニ予防にフロントラインを投与しますが、念の為にシャワーします。

猫をキャンプに限らず、公園などに連れ出す際にはノミ・ダニ対策はしたほうが良いと思います。
お父ちゃんは以前、愛犬をマダニ感染症”バベシア”で亡くしたことがあります(*T^T)

ノミ・ダニ対策には『フロントライン』が手軽で簡単だと思います。
わが家では『フロントライン・プラス』を使ってます。
デメリットもありますから、仕様に関しては充分に注意してください⬇
【記事参照】猫のノミ・ダニ予防にフロントライン