青島の猫全匹に不妊・去勢手術されるって人のエゴ?

猫島

写真引用「キリコニュース」:https://news.careerconnection.jp/?p=50772

 

ネコが多い島として有名な愛媛県大洲市の青島の住民は20日までに、公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)や市の支援を受け、島の全てのネコの不妊・去勢を目指す方針を固めた。

2018年2月21日(水)(愛媛新聞)

 

このニュースに対してネット上では「猫が可哀想」の声もあがっているようです。

猫にとって食べること、寝ること、そして子を残すことは、人同様に重要な命題です。

 

さて・・・

あなたは、どう思いますか?

 

▼猫好きさんにお知らせ

『モグニャン』100円モニターのお誘い😺
モグニャン半額特典
モグニャン公式HPの詳細を見て100円モニターに申し込む
【公式】モグニャン100円モニター

 

わが家の♀猫こむぎ&♂猫だいずも不妊手術を受けています。

お父ちゃんも、「飼い主の身勝手なエゴではないのか?」っていう気持ちが消えることはありません(*T^T)

猫の不妊手術は仕方ないこと?

青島(愛媛県大洲市)は、瀬戸内に浮かぶ小さな過疎の島です。

一周わずか約4キロの島は、殆どが山で狭い平地に人間15人・猫150匹が住んでします。

住民の高齢化も進み、猫たちの世話は大きな負担になってることは容易に想像できます。

島民にとっては「かわいい、かわいい」では済まない問題なのでしょう😆

猫が住みやすい街は人にも優しい街のはず

猫の島

猫たちにエサをやる紙本直子さん(写真はSIPPO:https://sippolife.jp/article/2017062800004.html

 

猫と一緒に楽しく暮らしたいと「青島猫を見守る会」が一部の猫好き住民等によって作られたのは5年前。

夫婦で漁を営みながら会長を務めるのは紙本直子さん(68才)。

笑顔が素敵ですね😄

会を立ち上げてからは、全国の猫好きさんたちからの支援も増え、エサが足りなくて困ることもなくなったそうです。

獣医師会などの協力で去勢も進めてきました。

そして、今回のニュースとなったようです。

紙本直子さんは言います。

青島でも、好き嫌いは半々ぐらいじゃないかな。私らがエサやること自体、反対の人もいます。そういう意見も、仕方ない

「でも私、各地で野良猫にエサをあげてしまう人の気持ち、わからんでもないんよ。私らだって、『このエサやったら、後で増えて困る』とか考えられない。だって目の前に、人間と同じ命があるんですから。そこに猫がいる、という現実を受け入れないけんのよ」

引用:SIPPO https://sippolife.jp/article/2017062800004.html

青島は日本の縮図?

さくら猫・TNR活動が全国各地で行われています。

TNT活動とは?
  • Trap(トラップ):捕獲 ?
  • Neuter(ニューター):不妊手術
  • Return(リターン): 猫を元の場所に戻す

猫の繁殖力はとてつもないものです!

不妊手術されていない猫が脱走し、野良猫と交尾してしまえば・・・

それは飼い主としてはあまりに無責任で、避けたいものです。

青島の猫たちに興味を持たれたなら・・・

毎日更新されてます▶猫の島 青島物語

最後まで読んでいただき、ありがとうございます??

コメントは受け付けていません。