猫もフィラリアに感染する!

わが家には二匹の猫が居ますが
犬を飼おうと、保護犬を探した時期があります。

里親サイトを探しては譲渡会に参加しました。
それで知ったのですが、フィラリア陽性の犬が多いことです!
無理もありません。保護されるような犬がフィラリア予防なんてされてるはずもないですよね。

ある譲渡会で、里親ボランティアさんに聞きました。
「犬のフィラリアは猫に感染りませんか?』
譲渡会の責任者らしき男性ボランティアさんは
「猫には絶対に感染りませんよ。猫エイズも犬には感染りません」

スポンサーリンク
スポンサードリンク

猫にフィラリアは伝染らない!?

確かに、犬から猫には感染しないでしょう。
けど、蚊を介してフィラリアは猫に感染します!

  1. フィラリアに感染した犬の体内で、フィラリアの成虫が幼虫を産み、幼虫が犬の血管内を浮遊するようになる
  2. 蚊がフィラリアに感染した犬を吸血すると、犬の血管内にいた幼虫が蚊の体内に侵入する
  3. 幼虫は蚊の体内で成長し、感染力を持った感染幼虫となる
  4. フィラリアの幼虫を体内に持っている蚊が猫を吸血し、幼虫が猫の体内に入り、猫に感染する

犬のフィラリアは猫にも感染する!

なぜ?猫はフィラリアに感染しないという間違った常識

犬の犬フィラリア症に比べて猫の犬フィラリア症があまり知られていない理由の一つに、発見が難しいということがあるようです。
フィラリアに感染したとしても、無症状だったり突然死してしまうことが多いためです。

無症状の理由として・・・
もともとフィラリアは犬の体内に住み着く寄生虫なので、猫の体内では成長できないことも多く、感染したとしても無症状のまま経過することも多いようです。

突然死が多い理由として・・・

肺動脈で死滅したフィラリアの虫体に対して、猫の体が急激なアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を示したり、死滅した虫体が肺動脈に詰まって急性の呼吸困難が引き起こされての突然死。

猫がフィラリアに感染する確率

猫の場合、血液検査や超音波検査ではフィラリア感染を発見することは困難だそうです。
その為、猫のフィラリアに関しては余り研究が進んでないようです。
2000年に発表されたデータ(新潟県)では、1.39%(3頭/216頭)でフィラリア感染が確認されたという報告があります。全国的にも、猫のフィラリア感染率は2~3%と考えられていたようです。が、近年では10%と考る方が妥当という考えが主流と言えそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク