犬に体当りして子供を救った忍者猫のその後は?

お父ちゃん
見た? 偉い猫ちゃんも居るもんやね😃

♀猫こむぎ
偉い♪ 猫族の誇りやゎ🙀

♂猫だいず
僕ぅ、僕もやる時はやりますよ😸

事件が起きたのは2014年の事らしいです。
日本でもニュースで伝えられ『忍者猫』と話題になったそうです。

お父ちゃんは残念ながら知りませんでした😆
今朝、ラジオの話題で出てきたので、動画を探して紹介してみました。

犬に襲われた4才の子を捨て身タックルで救った猫


動画を見ると、2014年5月13日となってます。
どうみても、猫が身を挺して子供を助けてますよね?😃

この動画は全米のニュースでNinjya Catとして流されました。

Ninjya Catとして全米でヒーローになった猫のなは『タラ』ちゃん。
ベーカーズフィールド在住のトリアンタフィロ夫妻に飼われている6歳の女の子です。
もう一人の主人公は夫妻の長男ジェレミー君(4歳)。

この種の感動はなしはワンちゃんに持っていかれるので、猫好きとしては嬉しい話ですね。

事件は日本でも感動話しとしてニュース配信されたようです。
記憶にある方も多いのではないかとおもいます。

ところで、この話は単なる感動話では終わらないのです😆

ショッキング映像あり!

さっき見てもらった映像は後にショッキングな部分をカットしたものです。
カットなしを紹介しますので、自己判断でご覧ください!


ジェレミーくんの傷は10針縫うものでした。

タラちゃんが助けに行かなかったら?

10針の怪我では済まなかぅたでしょう。
ひょっとしたら、助けに出たお母さんを襲ったかも知れませんね。

襲った犬のその後は?

襲ったのは近所で飼われてたラブラドールとチャウチャウのミックス犬・8カ月だそうです。

事件から時間が立ってしまったので・・・
どうして、ジェレミーくんに襲いかかったのかは分かりません。

また、当時の記事から
「地元のアニマル・ケア・センターに引き取られ、10日間の検疫を受けた後、安楽死させる予定」
とだけしか分かりませんでした。
ドッグ・トレーナーさんのもとで更生させられてることを願います。

ラブラドールとチャウチャウのミックスですから
根っからの凶暴犬とは考えにくいと思います。

お父ちゃんはラブを飼ってた経験があるから確信します!
ラブラドールを普通に飼ってたら、決して人を襲うことはありません😆
虐待されてたとか、なんらか飼い主に責任があるはずです。

『悪い犬と呼ばれて』あわせてえ読んでいただければと思います。
https://nekowarota.com/dream-box/waruiinu/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする