肥満? わが家の猫のダブダブ腹はルーズスキン

♀猫こむぎ&♂猫だいず

わが家の2匹の猫こむぎ&だいずの体重は5.7kgと5.9kgで、ほとんど変わりません。

なのに何故か、♂猫だいずはおデブさんと呼ばれます😅

『モグニャン』からお誘いが届きました🎵

ルーズスキン

♂猫だいず

猫のルーズスキンとは何?

わが家の猫だいずのお腹のダブダブが気になってました。

ネットで調べてみると『ルーズスキン』と呼ぶそうです。

お腹のたるみを触ってみて、何もない皮だけの状態であればルーズスキンです。

年令に関係なく、比較的若い猫でもお腹が垂れ下がっている子が居ますよね?

ルーズスキンは脂肪や肥満とは関係なく、その子の特質だそうです。

とは言え、わが家のだいずがスマートとは言い難いですけど😆

ルーズスキンになりやすい猫

猫種によって、ルーズスキンになりやすい猫が居るようです。

「アメリカンショートヘア」「エジプシャンマウ」「ベンガル」「ピクシーボブ」などの血を引く猫種に多く見られるそうです。

♂猫だいずは海外猫の血を引いてるのでしょうか?

♀猫こむぎは日本猫の血を多く継いでるようなので、♂猫だいずとは体重は変わらないのにルーズスキンが見られないんでしょう。

ライオンなどにも見られるルーズスキン

ライオンや虎などにルーズスキンが見られます。

喧嘩や狩りの際に、内臓に致命傷を負わないためとか、高くジャンプをするときに体の皮が突っ張らないようにするためなどと諸説あるようです。

ライオンや虎もネコ科って証拠ですね😅

まとめ

ルーズスキンは年齢や体重には関係ないようです。

わが家の♀猫こむぎは♂猫だいずと体重が変わらないのに、ルーズスキンではありません。

っていうことは・・・太りすぎ!肥満気味ということでしょうか( ̄▽ ̄;)


モグニャンキャットフードは白身魚を豊富に使用した動物性タンパク質源が高いキャットフードなのですが、以外と低脂肪低カロリーでダイエットや肥満対策におすすめだそうです。

100円モニターに申し込みました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする